PEPCYCLES

Pep cycles NS-D1 のコンセプトは長く使え、使う人の好みで様々なカスタマイズができるということ。年齢や経験、生活環境、地域性によって最適な自転車は変化するのではと考えています。誰にでも乗りやすく色々な使い方ができること、例えばキャリアやカゴを付けお買い物や通勤用にカスタムしたり。タイヤのサイズ、太さ、パターンを変更して舗装路や山道など場所に合わせ快適に走れるようにしたり。外装変速や内装変速などを走り方、使い方に合わせて変更する事も可能です。( http://pepcycles.com , About me )



「ノセタラダマルの大予言」

2018年春、突如として現れ地球は日本に落下して来るという「PepCycles/NS-D1」。

クロームモリブテン鋼、通称クロモリで組まれたマルチパーパスバイクであるという事以外は全て謎に包まれていますが、通勤・レース・ツーリングに子供乗せといった拡張性の高さまでは常識範囲内としても、フレーム内部にまで防錆用コートを施しているだとかブレーキはシマノ製だとかいった内容で¥92,000という価格は到底信じられたモノではありません。

「シンプルながらも一目でそれと分かる魅力的なルックス、それが売りなんでしょう?」と、うがった目で見る人も一度乗ってみれば黙ってしまう、そんな日本発のニューカマー「NS-D1」は2018年4月登場予定です。

上のイエローの車両はホイルを700cに変更しシクロクロス仕様としたモノ。

完成車標準の650B(≒27.5インチ)で乗り心地と安定性を味わい、もう少し刺激が欲しいとなればホイルを700cに変更して切れと鋭さを。さぁ貴方のお好みは?



ND-S1は何かに特化したタイプの車両ではありません。言い換えると色んな事が出来ます。

前後共にフェンダー取り付け用のアイレットが用意されてますし、リアキャリア取り付け用のアイレットもやはりで、

素のままのシンプルなコミューターとしては勿論、雨でも駆ける通勤快速から日本一周の相棒、なんならレースに挑む事も可能。

そんなマルチな車両ながら、細い部材が分岐する集合シートステーなど見る人をニヤリとさせるスパイスも標準装備。



完成車両は42x18tのシングルスピードですが、ディレーラーハンガーが用意されて居ますので多段化も可能。加えてホイルは11速対応規格ハブにスペーサを組み合わせてシングルスピード化されていますから、ホイル交換せずそのまま多段化出来る簡単さも魅力です。

またレーザーにより打ち抜かれたエンドプレートにある穴がチョっと意味深。この穴がある事で何が出来るのか、貴方はお分かりになりますか?

カラー展開はくすんだグリーン、柔らかくも鮮やかなイエロー、シンプルなグレーと何れ劣らぬ魅力的な色。