お色直し。

山の風景は季節とともに移り変わり、同じ場所でも全く違った魅力を見せてくれる事しばしば。


とか訳の分からん導入に深い意味などなく、ただ単に色が変われば気分が変わるという話で。

ホ〜イっ!

暫く前に解体して再塗装に出していた「Windcog/ZIC」が塗り上がって来たど〜!

今回は少し暗いオレンジ色をベースにラメを散らした「ディスコ柿」とでもいうべき色をチョイス。


で、早速パパパッと組み上げ・・・組み上げて・・・ってやたら手間掛かるので遅々として作業が進まんですが、

暇を武器に黙々と作業して〜完成。

ZICがZICっぽくないというか。ポップ&スポーティーなイメージで凄く良い仕上がりに大満足。

全部バラして再度組んでとする中で、改めてZICの作り込みの細やかさ・完成度の高さに唸らされましたですよ。


いや、凄い。

これだけのアイデアを纏め切った設計者も凄いですが、それ以上にアイデアを形にした工場が凄い。

こんなモンをメジャーメーカーが企画・制作したらB品の嵐になるんじゃないかと思います。

今回のリペイント作業を通じてZIC整備の勘所というか、パズルの答みたいなのも随分掴めました。


なのでZICを御検討の方は是非カラーオーダーも御検討下さい!と言いたい所ですが。

部品点数多い&要マスキング点が異常に多い&フォークがカーボン&ギミック多いなどなどあり、

塗装代が普通のフレームのリペイントと比べると相当掛かる事も判明しました。

新車購入時に作業の御指示頂くので¥5万程、後々のリペイントになると・・・工賃追加で約6万といった所になろうかと。


それでもお色直ししたZICがとても魅力的だと感じられた方は是非御相談あれ!

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。