締めたり割れたりレジェンダリー。

諸行無常、形あるものは皆やがてウンヌンカンヌンという奴で御座いまして、

愛用しているジーパンの膝は生地が減って穴あきとなり、冷たい風がスルスル入って来たりしますが、

同じジーパンが欲しいのに売っていないから手に入らないという悲しい状況。

まぁジーパンなぞは当て布して叩いてやれば暫く延命出来ます。

しかし「無常っちゃう=逃げ場無し」みたいなモノもある訳で、例えば此方で困っている方など多いのではないでしょうか?

トムソンのステム・フェイスプレートです。

割れる事で有名な此方の部品ですが「割れる」という表現が個人的に好きではありません。

勝手に「割れる」のではなく「割る」が正解、つまりユーザーが締め過ぎて割っちゃうんですよね。

とにかく割ってしまう人が多かった為、以前は4mmレンチを使っていたフェイスプレート固定ボルトも、

現在はオーバートルク回避の為に3mmレンチ仕様になっています。まぁそれはそれでナメってしまう人も居るのですが。



と、そんなフェイスプレート、割ってしまっても補修部品を買えば良いだけの事ですので大した問題ではありません。

しかし!だがしかし!

現在普通に手に入るのは現行のOSクランプ(Φ31.8mm)モデルのフェイスプレートのみで、

過去に存在した、そして今よりももっと割る機会の多かったSTD(Φ25.4mm)モデル用は無いという事実。

いや、正確にはトムソン本社が未だに在庫を持っているのですが代理店経由でも直接でも日本への販売は対応して貰えないのです。


じゃぁフェイスプレートが割れたΦ25.4mmクランプのトムソンステムはどうなるのか?文鎮になる程度が精々。

でもある一定の年齢の人間にとっては、Φ25.4mmのトムソンこそが記憶に刻まれた「トムソン」であり、

たかがフェイスプレートが無いだけであの伝説のステムが使えなくなるなんて・・・せつね。

という事で。

米国在住の知人に購入して貰い、弊店に送って貰うという迂回作戦に出た今回。

まぁ顧客さんから困ってると相談うけたので、ならばと幾つか買い入れただけなんですけど。

Thomson MTBステム用フェイスプレート(Φ25.4mm)  ¥3,000(税別)


トムソン直販にて$10弱で売られているモノですので日本円で¥1,130程度の商品、それが¥3,000とはボッタクリ!

いや、高いと感じられたならば是非御自身で手配してみて下さい。米国内送料だけで¥2,000以上掛かったりするんですよ。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。