冬の観察日記。

昨日ロングテールバイクについて「エンド幅が135mmじゃないと」みたいな事を書きましたが、

以前からその点について少し気になっているというか何と言うか・・・。


それは何かと申しますとですね、ロングテール化用キットである「Xtracycle/Leap」と車体を繋ぐ部分の穴、

この穴の自体は約13.4mmという事で、12mmスルーアクスルよりも余裕のある寸法だったりする事に加え。


リープのエンド取り付け部分の内側寸法は約173mm程度あったりと、135mm専用という割に結構余裕があるんですよね。


例えば142mmx12mmスルーのフレームがあって、そのエンド材の厚みが7mm程度だとしたら、

「142+7+7=156mm」という事で、リープ内側に左右其々約8.5mmの隙間が生まれる事になりますし、

148mmスルーのフレームだとしてもエンド厚7mmならプラス6mmで162mm、5.5mmの隙間が生まれるという事に。

鉄フレームの場合エンド7mm厚と言うのは比較的厚い方になりますので、数字的には余裕っぽい。



エンド左右を其々ボルトで連結する必要があるので、フレームにネジ穴切ってあるタイプは無理としても、

例えばSurlyのGnot-boostエンドとかであればエンド外側の厚みは5mm以下なので条件クリア。

そしてハブ軸が収まる内側のスリットは約19mmと決まっているのですが、M12ボルトの六角頭は19mmが一般的って事で。

M12ボルト&ナットとワッシャがあれば12mmスルーエンドのフレームでもロングテール化出来るんじゃないかと思う訳です。


まぁ別に無理してスルーアクスルの車両をロングテール化する必要は無いのですが、

OSヘッドのMTBのが一気に消えて行ったのと同じ様に、135mmエンドのロングテール向き車両というモノが、

平成と共にススススス〜っと消えて行く可能性も絶対無いとは言い切れない昨今ですから、

色々な可能性というのを考えておいて損はない、という話です、はい。



え?何を言ってるのか意味がわからない?

大丈夫、大乗仏、意味が分からなければ無視すれば良いだけの事です。

でもいつか誰かがこういった話に興味を持って頂けた時、問題解決の参考になればと記す次第。

という事で訳の分からん話が一年の締め括りとなりましたが、今年も一年お付き合い頂き有難う御座いました。

弊店明日29日から1月4日まで正月休みを頂き、新年は5日(土)より営業致します。


それでは来年も宜しくお願い致します!よいお年を!


                             空井戸サイクル CEO雨森無我

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。