BIB。

ワタクシが某店バイトだった20年近く前に納めさせて頂いた(と思うけど記憶は曖昧)、

前後ローラーブレーキという渋いにも程があるアラヤのクロスバイク。


こんなに長く乗り続ける事になるとは、恐らくオーナー自身も想像せなんだと思いますが、

尻に敷かれ続けたレパーの革サドルもまた、こんなに長く酷使されるとは思わなんだはず。

「味がある」などという表現ではまったく収まらない、ぼんち揚げの如き表面。

特別大事にされるでも無く、さりとて乗らずに放置されるでも無く、

ただ只管に実用品として使われ続けて来たボロさが妙に美しい。


美魔女的な美感とは違う、言わばババァの美

うむ、良い、ババァイズビューティー。略してBIB。意味不明。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。