何処でも自転車。

手元に丁度良い塩梅の27.5インチホイルがあったので、先日発売されたSalsa/Journeymanに履かせてみました。

27.5x2.25(実測幅約52mm)で前後ともクリアランスは余裕の余裕。


ホイルが小さく太くなった事で、イメージは柴犬から豆柴になった様な塩梅。

こうして27.5インチ化した立ち姿を見ると、ジャーニーマンはロードの傍流というよりも、

MTBをベースにフルリジッド&ドロップ化した車両っぽい雰囲気ですね。


個人的には「グラベル系」というよりも、天候や地形を問わず走れる「何処でも自転車」の方がシックリ来ます。

今時分の様な雨がいつ降り出すかも知れぬ梅雨は勿論、山陰に雪が積もる冬場の間も含め、

一年の半分くらいはオンロードでも活躍するでしょうし、廃道・林道含めて何処でも侵入出来るぜ、みたいな。



そんな自由さにロマンを見出すのは何も男だけでなく、当然女のロマンというのもありまして、

京都府の北に広がる広大な未舗装地帯を走り、その魅力にとり憑かれたレディーから、

男前ならぬ女前なSalsa/Vayaを御注文頂き納めさせて頂いたりも。

明日は雨予報ですがこんな車両が手元に来たとなれば天気など無視、寧ろ雨だからこそ突撃したくなるのかも。



そんなSalsaの何処でも自転車に御興味をお持ちの方の内、一部の方に朗報です。

弊店に納入されたジャーニーマンのフォークに傷がありました。

しかもタッチアップで誤魔化してやがって・・・アッセンブル工場の奴め〜・・・。


で、そんな傷が入っている車両を定価で納めさせて頂く事など出来ませんので、

定価¥159,800の所、特価にて御提案させて頂こうと思う今回。

サイズは52(メーカー推奨適正身長157〜165cm)、当然一台のみを特価¥128,000(税別)にて。


27.5インチホイル仕様がご希望であれば追加¥0にて差し替え承りますので、

希望条件に叶う方が居られましたならば梅雨の湿気を吹き飛ばすべく是非に是非に。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。