ハンティング・ロード。

ムシムシして梅雨っぽくなって来ましたね〜、いやですね〜、恐ろしいですね〜。


毎年言うておりますが暑いのが絶対的に嫌いです。

なので冬場如何に寒かろうとも「あ〜、夏の暑さが恋しいっスね〜」とか適当な事は絶対に言いません。

そんな暑さが苦手な人間の逃げ場は朝しかありませんから、朝4時半に突然目が覚めたのはきっと自衛本能によるモノ。



ただ起きていきなり出掛けて来た為に、ボトルも小銭も持って来るのを忘れてしまいました。

走れば当然喉は渇く、しかし水は無い・・・無い・・・いや、足元にあるな。

この田んぼの水を手に掬ってグイッ!と一口、プッハー!な訳も無く、

カブトエビが居ないかと座り込んで覗いているだけです。子供とカブトエビ捕りをする下見ですな。


しかしどうした事でしょう?カブトエビは居ないしガムシも居ないしオタマも居りません。

最近の田んぼってこんな感じが普通なのでしょうか?

「カブトエビ捕りに行こうぜ!」と子供を誘ったは良いけど現場がコレ、とかならもう口聞いて貰えんくなりますよ。



我々に残された最後の人気者は此奴なのかもしれません。

ザリガニは本当に何処でも居ます。

弊店近くの京都御苑にもワサワサ居りまして、チョットした釣り堀みたいな事に。

大人がやっても面白く、子供がやっても面白い、そんなザリガニ釣り。


弊店店頭にはタコ糸と餌(よっちゃんイカ)を常備しておりますので、

暇を持て余した方は一人でもカップルでも親子でも、是非ザリ釣りに挑戦してみて下さい。



こうして子供をもてなすネタを探りつつ走る、それが父親道というモノで御座います。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。