御縁リフレイン。

そう言えば弊店の近くにドーナツ屋さんが出来ました。

普通のドーナッツ屋さんであれば「あ、そ」と昭和スタイルで流す所ですが「かもドーナツ」さんとなれば話は別。


4年ほど前になりましょうか、当時住んでいた小山周辺を散歩していると見慣れぬドーナツ屋さんが出来ており、

何となくプラっと入って買ってみた所、その日がかもドーナツさんのオープン初日だったのです。

それから今日まで、月に2度くらいはドーナツを求めに行く様な定番店となっておるのですが、

そのかもドーナツさんの二号店が弊店近くに出来るとは・・・御縁を感じてしまうやないですか!

という事で二号店さんの方もオープン初日に、ではなくプレオープンの日に突撃しましたですよワタクシ。


ダッシュで一分くらいの距離なので今後は今までよりも更にお世話になる事でしょう。



そういった良い方の御縁の繰り返しは大歓迎なのですが、反対に「またか・・・」となるご縁もありまして。


「これぞアメリカンスチールバイク!」と勝手に思い込んでいるKellybikeというブランドがあります。

特別凝った仕事をするタイプでは無いのですが、実際に乗ると滅っっっ茶苦茶良いんですよ。

で、良いなぁ良いなぁと昔から憧れていた中、「よし!」と気合を入れてオーダーしたのが十数年前。

オーダーしてから出来上がるまで一日千秋の思いで待っていた所、フレームより先に届いたのは「廃業の報せ」。

社長のクリスさん(オッサン)が突然「ミュージシャンになる夢を追いかけたい」とか言い出してケリーは消滅。

オーダーしていた自分のフレームは無事届きましたが、それがケリー最後のロットになってしまったのです。

それから月日は流れ、ん〜2,3年前でしょうか、突如ケリーは復活したのです。

相も変わらず地味&スマートなケリーバイクが今再び!というのはやはり嬉しいニュース、

しかし店で扱う、という感じでは無いのでボンヤリと動向を眺めているだけでした。


でも何と言うか・・・一本くらい店に吊っておきたいよね?という意味不明な気分が盛り上がり、

昨年オーダーをし、納期半年くらいという情報を鵜呑みにして楽しみに待っていた所!


誰がこんな展開を予想出来たでしょう。

ある日突然Facebookに「誰かケリーバイクというブランドを買わね?」という告知が出されました。



俺のオーダーした分はどうなるんだ!預託金も払ってあるじゃねぇか!と焦る程では無く、

オーダー分は順番に作ってくれるみたいですが、どうやら・・・また最終ロットになる模様。


二度ある事はナントヤラ、Kellybikeって遠からぬ日に復活する気がします、Kevinbikeとか適当な名前に変えて。

それが願望なのか予言なのかは知りませんが、ドーナツ貪りつつ今回オーダーしてる分が無事届く事を祈る事に致しましょう。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。