S抜き。

今日の作業はロングテールバイクの修理からスタート。

ただ、巨大なロングテールバイクに積載量増加アタッチメント「U-tubes」付きとなると、

狭い弊店で作業するのは勿論、出し入れだけでもヨイショりまくりです。

側方荷台であるユーチューブスがあると大きな箱物やポリタンクが非常に積みやすく便利なのは確かですが、

狭い日本の住宅&道路事情を考えると「左右両方ってのは過剰な気がする」という人も多いのではないでしょうか!

かく言うワタクシ自身が片方だけしか着けていない事もあり、快適さと便利さのナイスバランス・片方装着は実にお勧め。

ただ、製品名が「U-tubes」と複数形である通り左右セット売りのみですので、一つを使い残ったもう一つは大事に保管しましょう。



てな阿呆な事を人様に推奨出来る訳もありませんで。

ご希望の方にはなるべく片方売りをさせて頂いております。

Xtracycle U-tube LT-1用 (片方売り)  ¥7,000(税別)


左右セットの定価が¥14,000なので、単純に半額の¥7,000と明朗会計。

商品自体に左右の別は無いので右でも左でもお好みの方にカシャンと装着、

さすれば巨大なクーラーボックスも楽々積載可能と言うお話で御座います。

現在店頭にあるのはSurly/Bigdummyやフリーラディカルキットに対応した「LT-1」ですが、

「Leap用」の片方売りを御希望頂ける方も御相談頂ければ何なとさせて頂きますです。



「U-tubes?LT-1?何の事だか意味わかんない」という未来のロングテールユーザーの方は、

是非レンタルサイクルでのロングテール体験から始めてみて下さい。

恐らく日本初であろうロングテールのレンタルバイクが先月24日から稼働開始しており、

夏休みで混み合う京都の観光地でも渋滞関係なくスイスイと、しかも子供を乗せて移動可能に。

乗ってみたくなってしまった人は「The good day velo」さんで予約予約〜。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。