来週木曜日/8月16日は。

日が暮れるに伴い人出賑う弊店前の堀川遊歩道。

祇園祭とお盆の間を埋める「京の七夕」という催事が今年もまた開催されているのです。

まぁ開催されていると言っても明日が最終日との事で、世間はお盆突入待った無しですね。


ね・・・じゃなくて。

弊店唯一の恒例行事「五山の送り火を愛でる会」まで1週間を切ったというのにが何も準備していません。

しかし大丈夫、毎年やる事は同じですからルール説明も去年のブログのコピペでまかないましょう。



「送り火を愛でる会」のルールについて、今一度纏めさせて頂きたいと思います。

①参加費&飲料無料

ビールやジュースといった飲み物は弊店が御用意させて頂いた分に加え、顧客様より頂きました寄付分もありますので楽しく&景気良くジャンジャン呑んで下さいませ

②出来れば持って来て欲しい物

冷蔵庫に入り切らない飲料を当日タライに入れて急冷する為に大量の氷が必要となります。なので、ペットボトルを凍らせるとかスーパーで氷貰って来るとか何かしら氷をお持ち頂ければ助かります。

③持ってきた方が良い物

暑さ凌ぎにビニールプールを出します。以前は日中子供を遊ばす為、夜はビール冷やす為と使い回しましたが周りの子供達がも大きくなって来たので昨年から大人も入れる大きめプールに進化。気になる人は水着やタオル持参の事。

また10年使い続けた弊店の折りたたみ椅子群がそろそろ崩壊寸前なので使用に耐えないかもしれません。故にマイチェアをお持ちの方は持参頂ければ快適さが増すでしょう。

④参加にあたっての心構え。

主目的は屋上から送り火を眺める事。ですが眺めようが呑もうが食おうがダラケようが全て自由です。ただ特別なお世話などはしませんので、自ら能動的に場を楽しんで頂ける自立した精神を必ずお持ち下さいませ。その他、呑んで人様にからむ事無かれとか呑み残しの缶を放置する事無かれとか、まぁ常識的な事は言わずもがなでお願いしたい所であります。



弊店の顧客さんじゃなくでも全然構いません。

偶然京都に来ているサイクリストとかそんな方は寧ろ歓迎、是非是非是非。

盆の終わりにプールに浸かって涼み、暗闇にチラチラ光る送り火を眺めながらビールを呑んで見知らぬ同好の士と話をしたり久し振りに会う人と肩叩き合ったり。

悪かぁ無いですよ多分、ええ。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。