盆ボヤージ。

長い間お疲れ様でした、よくよく働かれましたね、もう力を抜いて結構ですよ、ユックリお休み下さい。南〜無〜。

リムブレーキ用のリムは使い過ぎるとリムサイドが減って行く訳ですが、

限度を超えて使い続けるとですね、ご覧の通りルーレット盤の如き形状になってしまいます。



使っている本人様は案外気が付かない様でしたが、見つけた此方としては爆発物を突きつけられた様なモノ。

もはや再利用などあり得ない状態ですので、あの世に送るべく解体してみましょう、解体解体。

シブい、実にシブい仕上がりです。

これだけ使えば価値あるというか思い残す事は無いというかで成仏大決定。



それに対して成仏する気配など微塵もなく、出番を待ちながら天井から吊るされ続けているマイフレームの不憫さ加減つったら。

ヘッド規格がテーパー全盛になるに伴い退役させられたオーバーサイズヘッドのマキリですが、

自分の好みで作ったオリジナルフレームですので乗り味に文句などある訳もなく、今見てもはやり格好よろしい。

OSコラムのサスフォークも手持ちであるので正しく復活させる事も可能であるとはいえ、

マキリの後継機であるカルトスターと完全に被って来るので却下。



まぁそういった感じで宙ぶらりんになっているOSヘッドのMTBフレームって結構多いのではないでしょうか?

そういったフレームにリジッドフォークを挿してフルリジッド化し山系クロスとして再利用する、

そんな流れが来ている気がしますが、多分気の所為というか願望といった所でありましょう。


で、リジッドフォークを用意するとなると当然クロモリフォークが検討候補筆頭となりまして、

選び易い&買い易いクロモリフォークの代表格:Surlyフォークの出番が増えるかという昨今!

価格がバシバシ上がってるんですよね・・・サーリーのフォークって。


以前は大体¥1万前後だったサーリーフォーク群ですが、チョコチョコと価格改定が入り、

Trollの新型フォークは¥17,800、Ogreのフォークに至っては¥19,800と倍近い価格に。

いや、そもそも¥1万ってのが安過ぎたと言われればそれまでなのですが、

ついつい替え歌で「やたら〜高な〜るクロモリフォークッ!」とか歌ってしまいます。

元歌はアレですよ、B’zのウルトラソウルですよ。

あれ?違いますね?間違いましたか?


「そんな間違いがあるかボケ」という話で御座いましょうが、もっと間違ってそうなモノもあるのですよ。

それが此方の素敵なクロモリフォーク、現行クランパス/カラテモンキー用のフォークです。

前述した通り、近似製品であるオーガのフォークが¥19,800なのに対し、

此方のクランパスフォークは「何故?」と小首傾げる¥13,000なのです。


エンドは110mmの15mmスルーアクスル、即ちBoost規格となりますので普通はアクスルも用意せねばならんのですが、

此方のフォークは単品で買うと¥5,400もするアクスルシャフトまで付いてこの価格。何かが間違っています。

肩下483mmと長いのでサスペンションフォークの代わりとして落ち着きやすく、

タイヤクリアランスは問答無用の29x3.0対応なのでフロントセミファットも余裕で可能。

キャリアダボだけでなく3点ダボも用意されているのでバイクパッキングとの親和性も高し。

長期休暇中のOSヘッドMTBフレームを転生させるのにコレほど適したフォークが他にありましょうか(反語)。


代理店さんの在庫は欠品中なので、次回入荷のタイミングで価格改定が入るかもしれません。

もし改定でグググッと価格が上昇した時には、弊店に一本在庫がある事を思い出して下さい。

後日記:完売致しました!


因みにスパニッシュメタル界の雄・ヴァルデマールの「1366」もサビの「サーティンセセセセセ!」がクセになるので、

いつか思い出して「セセセセセ!」と口ずさんでみて下さいませ。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。