プラナリア。

ロングテールバイクの前半分として活躍して来たSurly/1x1を分割し、常識的なSS-MTBに戻したのは遡ること2週間ほど前。

「好きだ好きだ」と乗っていた新車当時よりも、肩の力が抜けた今の方が良い感じで付き合えてる気がします。

で、毎日楽しく乗っている訳ですが3.0幅のタイヤでは街中の駐輪スタンドに入らないとか、

息子と公園や買い物に行く際に当然二人で乗れないとか不便な部分もありますので、

やはり実用車両としてロングテールは必須、分割されたロングテールの後半分を再生せねばなりません。



さぁ、前半分(自転車本体部分)が無いという事はその代わりとなる車両を用意せねばならん訳ですが、

もはや「格好良いロングテール」に仕上げたいという欲望は沈静化しておりまして、欲するはただただ「実用性」のみ。

要するにロングテールになってくれるならベースフレームなど何でも良いのです。

そこでワタクシが打った手は・・・ヤフオクです♬

「自転車屋のクセにヤフオクで買うとは何たる恥知らず!シェイムレス!と叱咤される方が居られるか否かは知りませんが、

お値段¥1,000、送料入れても¥2,000以下となればもう・・・ね。



ドブから引き上げたのかと思しき泥やゴミの入ったフレームは、さすが¥1,000なグズグズっぷりでヘッドチューブもガバガバ。

そしてジャンク箱(本名ゴミ箱)を漁って一台構成出来るだけの部品を洗い出し、ガチャガチャやる事約半日。

後半分から前が生えましたぞ。

如何でしょう?この素晴らしくインチキな仕上がり。

手持ち品の中で唯一使えそうな寸法のフォークが何故かジャンクのレフティという奇縁。

いつ買ったのか全く記憶に無いビーチクルーザーサドルが、座ってみると不思議とシックリ来てしまったりします。



無駄に積もる部品群の整理にもなったので一石二鳥、大満足。

「腐っても鯛」ではありませんが永く使い続けられて来た「26インチ&135mmエンド」という規格である事、

その事の有り難い味はこういった自転車の余生の最後の最後にさえ光を放つ、という話ですな。



そういった意味においてはフルサスは寂しい晩年を過ごす傾向にありまして、例えば此方のGT/Sensorなどもそう。

5インチストロークのフレームですが、今となっては5インチのOSフォークが貴重品となってますし、

そもそもリアサスペンションユニットが無いのでユニットを用意せねば使い様無いしで、

もはや煮ても焼いても喰えない無駄に高度なアルミの塊と化してしまっています。

同年式のセンサーをお持ちの方や丁度良い構成部品を余している方、居られましたら差し上げますぞ!

と言っても誰も貰ってくれないので引き続き姥捨て山(弊店三階)で即身成仏となる日を夢見るのです。


空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。