地域に広がるロングテールの輪。

お陰様でロングテールバイクユーザーから好評を得ておりますガラクター号。

読み方はどう読むのが正解でしょう?がらくたいちごう?がらくたーごう?

まぁそんな事はどうでもよろしいです、自分が気に入っているならそれで。

で、「バカバカしくて良いね」と褒めて頂けるのは良いとしてその後に!「欲しいとは思わないけど」とかオマケがつきます。


コレは実に由々しき事態と申せましょう。

何故ならワタクシは自転車を商う自転車屋、皆様の欲しい心をくすぐれねばオマンマの食い上げです。

「まだ本気を出してないだけ」的なアレで何とか格好をつけんと・・・。

とりあえずチャクラ開こうと準備をしていた所に巨大な箱が届きました。

こんな馬鹿デカい箱に入っているモノと言えば勿論「Surly/Bigdummy」

箱のまま置いておくと激烈に邪魔なので、箱から出して吊るしてみますが規格外のデカさゆえ上手く吊れません。

どうでも良いですけどビッグダミーの後ろに写るエアコンはダミー(故障したまま放置)です。



フレーム届き次第すぐに組み上げよう!と考えていたモノの全く準備出来ていないという愚かさ加減。

いや、新しい車体色(マルーン)を初めて見た時は「バシッと良い感じ」な仕上がりが頭に浮かんだのですが、

その案と鬩ぎ合うようにもう一つの案がボワリと燃え盛り鎮火せずで本日を迎えて。

このまま吊るしてても何にもなりゃしねぇ(邪魔にはなる)。という事で燃え盛る勢いに任せて第二案で進行開始。


そんな今回のコンセプトは「安くて使えるビッグダミー」。

キッチリ使える部品レベルを維持しつつ車体のみ(荷台関係除く)で¥20万切りが目標。

荷台柵、天板、消費税まで入れても¥23万辺りに納めたいなぁ、と見積もりをイジりイジり。


メーカー完成車価格である税込¥30万の予算があれば出来る事の幅は物凄く広がります。

しかし「盛り込みたい事」がハッキリしている訳では無い方に提案すべきは如何なるモノか?

それはやはり少しでも気軽に究極のロングテールバイク・ビッグダミーの高能力を堪能して頂くという事でありましょう。


完成車価格に対して¥3万抑えるだけでも結構大変なのですが、今回は更に更に抑え込もうという狂気の作戦。

どうしてもビッグダミーが良い!けど予算は可能な限り抑えたい!という方は是非完成を心待ちにされたし。



さて話題は変わりまして、ウルトラポンコツロングテールバイク「クララ号」に商品を積み込み、

スタート地点の北海道から南下して来ているバッグ製作者「ripa」さんが、昨晩関西入りしている模様です。

ワタクシも日々愛用するサコッシュをはじめ、色々と行商グッズを持って来ている・・・と思うのですが、実際の所は不明。


とりあえず明後日24日(月)の日中一杯弊店店頭でボンヤリと行商している事になるそうなので、

彼の作るバッグやポンコツロングテールバイクに御興味ある方は是非お越し下さい、お待ちしております!

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。