Pep。

はい、コレ2018年で一番大事な名前です。
何は無くとも覚えてください、試験に出ますよ。
私にXTRの味を教えたMTB界の先輩である、エビネ氏が立ち上げたペップサイクルズ。
ヘッドマークがペッパーミルである通り、ガリっと捻ればピリッと味に深みが出る一台。



エンドはレーザーカットによるディレーラータブ付トラックエンドで、シングルは勿論のこと多段化も可能。

キャリア&フェンダーダボも用意され、一台で何でも出来る系を匂わせます。

ブレーキがチェーンステーマウント故にキャリア取り付け要件に制限も少ないですし、シングルで使用している限りはホイルの着脱も容易でありますな。



シートステーはモノステーとなっており、この辺、MTBブームを経験した我々には、なんとも感慨深いというか「す・・・素敵」となる所。

ただ車両自体は当然現代のモノですから、700cと650Bのコンバチブル前提。

クリアランスは上下共に余裕を持たせており、700cなら45c程度までは楽勝、細めの軽量系なら29x2.0でも行けるかも。
因みにペップな人・エビネ氏は王滝仕様として27.5x2.2を履かせたそうなので、27.5インチでも普通の2.1などであれば充分呑み込める感じですね。

水色の最終プロト車には、27.5x1.5というタイヤ、つまりランドナー的サイズをセット
27.5x1.5だとBB下がり過ぎて違和感あるかな?と思ったのですが、最終プロト車に跨って踏んだり振ったりヘッド揺らしたりと具合をチェックしてみると・・・涙が出そうに。


テーパーヘッドの現代的なマルチパーパス、と言えばそうなんですが、乗った感触というか雰囲気は「90年代のMTB」のそれだったのです。
進化は進んだけれどまだまだ何かに特化するまでは行かなかった、でもそれ故に一台で何でもこなせた、そんな青春の匂いがあったんですね。
語り過ぎると終わらなくなってしまいますので、此処等にしときますが、

此方のお値段¥92,000、完成車で!です。
4月に生産が上がって来るそうですが詐欺にあっているのかもしれません。
それ位価格と内容のバランスが異常な此奴、素晴らしき大衆車の大本命です。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。