虫歯戦隊ウズクンジャー。


「衝撃は突然に」というかなんと言うか・・・おやしらずが疼き出しました。

おやしらずが斜めに生えて一つ手前の奥歯を押しているのですが、

その辺りが徐々に徐々に痛い様な~痒い様な~でジクジクと。

毎日歯磨きは欠かして無いんですけどねぇ、磨き方が適切では無いのかもしれません。



さてさて、先日「放置すると虫食いになるぞ!」という事で虫歯に例えたハブですが、

交換用の玉押し(¥202)が届いたので修理作業を進めて参りましょう。

ハブ側の椀は玉押しよりもかなり強く作られていますので、

虫食い早期であれば玉押し&玉の交換でリカバー出来る事も。

ただ、交換しようにも補修部品が無い事にはどないもなりません。

今回修繕したフロントハブは少し懐かしの510デオーレですが、

この玉押しは在庫限りで終了との事でしたので滑り込みセーフ、てな塩梅。




フロントハブは無事復活したので準備は全て整った!って何が?

このホイルはロングテール化を行うベース車両のホイルでして、

ロングテール化のついでに各部を小奇麗にしてしまおう、という計画。

ロングテール化する為のキット「Leap」はディスクブレーキ専用設計、

なので後輪はディスクブレーキ用のホイルを用意せねばならん訳です。

そこで選んだハブは「回るシーラカンス」の異名をもつFH-M525。

センターロック全盛の今でも作り続けられている定番6穴ローター用ハブです。


そんな6穴ハブを敢えて今選ぶ理由とは?

ロングセラーであれば補修部品の供給も比較的長く続くかなぁ、と期待して事。

先の事気にしても仕方ないんですけどね、選べるなら願掛け程度に、という感じで。

リアホイルをパパパッと組んだなら、ロングテール化の肝というか脳というかな、

XtracycleのLeapを引っ張り出しましょう。

リープ自体も結構デカいですがフレームと合体させると作業場を埋めてしまい、

身動きが取れなくなるので、段取りが大事です。

旧作であるフリーラディカルキット(FRK)と比べ、

持って重く値段も高くなったリープですが、ホイル径の選択肢が広がった事や、

何よりBB後にブリッジ部材を持たない「ブリッジレス」でも装着可能になった点は高評価。

またFRKは8インチローター専用でしたが、リープは7インチでも使えるようになった、

というのも、地味ながらありがたい進化ですね。

ロングテール化の準備が全て整ったならば、

怪魚を釣り上げた開高健の如くリープをフンッ!と担ぎ上げ。

ガチャガチャやって自立する様になった所で日が暮れ始めたので、続きはまた明日。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。