TW(タン・ウェイパー)。

今朝、奥歯を抜いて来ました。

歯が生えていた穴からは血が滲み、一日中口の中が鉄錆臭いです。

抜く前に先生が言う訳ですよ、

「もう少し早ければ間に合ったかも。が最早手遅れ、抜くしか無いね」


歯を抜くというのは好ましくない事なのでしょうか?

なるべくなら歯を温存したいというのは勿論ですが、

抜いた後の虫歯でボロボロになった歯を目の当たりにすると・・・、

抜いてよかったと心の底から思うワタクシです。

歯を治療して貰った後は自転車を治療する側に移り、

放置期間を経て盛大に錆びたチェーンを前に、

「最早手遅れ、交換するしか無いですね!」と断じてみる。


そしてチェーンがコレですからタイヤも同じくグズグズ、

という事で各部軽く清掃&メンテしてタイヤも換えてで気分一新。

勝手に選ばせて頂いたタイヤは、WTB/Nano40c/タンウォール。

ナノ自体は昔からある製品ですが、

40cという絶妙なボリュームはクロス以上MTB以下の良い塩梅。


そして何よりブラウンサイドではなくタンウォールと呼ぶこの色味の、

最新・旧車問わずどんな車両につけても格好良く仕上がってしまうという、

不思議さ加減は万能調味料「味覇/ウェイパー」の如し。

WTB Nano 700x40c Tanwall ¥6,900(税別)

そこそこ軽いし転がりも良いしかなりグリップするしチューブレス対応だし、

それでいて価格も結構リーズナブルと、つい使い過ぎてしまいそうになりますな。


あ〜、ウェイパーの事考えてたら腹が減って来たぜ!

なんてのは嘘です、歯茎が痛くて何も喰う気が起きません。

ウィダーでもチュルチュル吸って血が止まるのを待ちたいと思います。

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。