工具・マイ・ソウル。

こんばんわ、三十数年振りに中耳炎になった空井戸サイクルです。

中耳炎になると耳がパキーンとなって聴こえ辛くなり、世の中の音が全てモノラル化するという不思議体験が出来たりするのですが、同時に平衡感覚がおかしくなり階段から滑り落ちたりもします。


そんな感覚が曖昧化する時にも確かな寸法を示してくれる、Runwellの素敵工具のご紹介の続きをば。

Runwell Mex  4mm:¥680 5mm:¥700 6mm:¥800

自転車整備の際、最も多用するアーレンキー(六角レンチ)に、刻み目を入れる事で定規兼用としたアイデア系便利グッズ。

ハンドル周りのポジションセットの際に定規を探す事、ありますよね?

そんな時にも使っているアーレンキーがメックスなら問題消散な訳です。

価格的にも牛丼特盛り+セット範囲ですので、アーレンキー買い替えの際は是非。



買い替えとかどうせもええわい!アーレンキーは何本あってもええんじゃ!いつも心に太陽を!いつも懐にアーレンキー!

という常在戦場派の方には懐に忍ばす系アーレンキーを。

Runwell Shinobi45 ¥1,700(税別)

数字の通り4mmと5mmのビットを備えた携帯ツールですが、実用一辺倒というよりも携帯する際の遊びや自己満足感を加えた本気で使えるオモチャツールと申せましょう。



懐に忍ばす実用性で言えば、発売以来弊店定番製品となっている超小型携帯ミニツール「サスクス」も十分な量を補充完了、です。

Runwell Sus-x ¥3,500(税別)

その詳細については過去の投稿でご確認頂くとして、この携帯性と実用性のミニマムバランス、何よりモノとしての魅力は日本が世界に誇る素晴らしい逸品だと個人的には完全に思っております。本当に本当に本当に本当に。



あとユーザーさんだけでなく自転車屋さんにもお勧めしたいのが、此方の小型ヘッドレンチ「ビッグヘッドS」。

Runwell Bighead-S  ¥1,630(税別)

ノーマルヘッドセットのナットを回すヘッドスパナですが、世にある殆どのヘッドスパナが2面切りの点接触なのに対し此奴は接触面にアールをつけた面接触となっていますので、へッドセットに作業傷を入れてしまう心配が激減します。

また長さを一般的なヘッドスパなよりもかなり短くする事で早回しの作業性を上げ、従来のヘッドスパナと組み合わせれば完璧、という話。

弊店ではプロトタイプから使わせて頂いているのですが滅茶苦茶便利です。

ノーマルヘッド愛用者、及び自転車屋さん御同輩に是非お勧め致します。



工具というのは我々にとっては仕事道具です。

嘗てモータース屋さんで雇って頂いていた時にこんな指導を頂きました。

「基本的にええ工具は使うな、どうしようも無い時にだけええ工具使え」

これはパワハラとかじゃなくて本当にそういうモノでありまして、使い方さえ間違えなければ車載工具でも十分作業は出来る、という事なのです。


その教えは未だに自分の中に確固たるモノとしてある訳ですが、趣味として工具を触るのであれば・・・美しいモノであって欲しいですよね?

Runwell Nezile  0810 ¥2,000 1415 ¥2,600

8mmと10mm、14mmと15mm、其々90°捻れているメガネレンチは作業時の手の当たりが柔らかく使い易いのは勿論の事、工具箱からチラリと顔を覗かす美しさもまた特筆モノなのです。


8&10mmというのは自転車整備ではあまり出番が無いですが、ワタクシは自宅のモーターサイクル置き場に備えております。

14&15mmの方も仕事で使うなら輪業レンチ(通称ガチャ)の方が便利です。でも自宅で趣味の工具として使うなら・・・此方の方が良かないですか?



と、そんなこんななランウェル工具群をご紹介した所で今日は此処まで。

明日はPepcycles中試乗会(大試乗会ではない)ですのでお時間ある方は是非! 

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。