四十路のタンゴ。

昨日は数年ぶりに丹後半島北端の経ヶ岬に行ってきました。

新しい方のHPのトップ画像が正にこの経ヶ岬なのですが、パチパチとキーボード叩いてる内に無性に行きとうなったのです。

息子を保育園に送り届けてから迎えに行くまでの6時間でですから自転車は勿論、輪行でも全然間に合わないのでモーターサイクルを使用。

それでも止まる間も殆ど無く現地滞在時間約15分とかそんなで。


遠いようで近く、近いようで遠い丹後。

ノンビリと時間をかけ自転車で回る丹後は勿論最高ですが、駆け足モード&横目でチラリと見るだけでもやはり丹後は最高です。


次にユックリ来れるのは息子達が小学校に上がって自分で活動し始めてと、まぁ・・・ワタクシが50歳になる頃にでもなりましょうかね?

うむ、待ち遠しや50歳。 

空井戸サイクル

「自転車に恋をして」 日々横を通り過ぎるママチャリでなく、恐る恐る触れる超高級車でもなく、跨り漕ぐ度にときめく自分の愛車。それを見つける旅の水先案内人が自転車屋です。そしてその恋がズッと続くお手伝いを今日も明日も明後日も。